Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chocohouseblog.blog.fc2.com/tb.php/39-8c0eef04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金田一さん、事件です。

作家、横溝正史が好きです。ほぼ全て読んでます。

金田一


横溝作品と言えば、やはり由利先生より金田一耕助になるでしょうか。


金田一さんのお釜帽にモジャモジャの蓬髪、よれよれの羽織袴姿は、誰もが容易に想像出来るはずです。
が、それだけイメージが定着しているにも関わらず、意外に本を読んだ人は少ない…。

確かに、時代背景が昭和初期ということもあってそのカラーはかなり暗い…。起きる事件も、当時の世相を反映してか陰惨です。
…とっつきにくいでしょう。

しかしそれらは人懐っこい金田一さんのキャラクターによって十分に中和されますし、それどころか、そんな世界だからこそ、彼のやさしい人柄や魅力がストレートに伝わってくるかと思います。

そんな金田一さんが、いろんな断片をつなぎ合わせて見事に事件を解決していくんですが、物語の冒頭から色んな伏線がはられているので読み手はなかなか気が抜けません。


個人的におすすめは『仮面舞踏会』です。
金田一シリーズ中、1、2を争う長編です。

金田一2


舞台となるのは昭和30年代の軽井沢―。
離れ山の若い男女の心中事件から物語は始まります。
やがて、台風が直撃した軽井沢にて起こる連続殺人事件―。
物語は混沌を極めて行きます。
ハッキリ言って、最後の最後まで犯人は分かりません…。

この『仮面舞踏会』、個人的には横溝氏の遊び心が最も詰まった最高傑作だと思ってます。
風景の描写なども秀一で、その場面が目に浮かんでくるようです。

難があるとすれば、登場人物が多すぎることでしょうか。
私はかつてこれを、登場人物を 有名芸能人に当てはめることでクリアーしました…。

最初のページを開くと、登場人物の名前が書いてあるページがありますが、
そこに鉛筆でこのように書くのです。

金田一耕助 = 小栗旬
田代信吉 = 三浦春馬
ユキ = 宮崎あおい

…みたいに。 

登場人物がイメージしやすく、感情移入しやすいので、非常に読みやすくなりますよ。

ただし読む前に当てはめるのではなく、その人物が登場したときに書き込んでいきましょう。(人物像がブレるので…)
これもなかなか楽しい作業です。(私のには、かなり昔の芸能人の名前が…。)

きっと、第一の殺人が起こる頃にはすっかり物語の世界に入りこんでいるはずです。(私は横溝作品との出会いで昭和初期という時代にはまりました…。)


まだまだ梅雨は続きそうですが、
雨の休日は、まったり金田一さんでもいかがでしょう。
はまればシリーズ全部読みたくなるハズ—。


金田一さんと言えば、ノンさんの『金田一耕助アートウェーブ』という素晴らしいサイトがあります。特に金田一ファンでなくとも楽しめます。
本のタイトルをクリックすると、素敵なイラストが飛び出しますよ。  是非!!




松本清張も同じくらい好きですが、それはまたの機会に…。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chocohouseblog.blog.fc2.com/tb.php/39-8c0eef04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

☆けたんなたん☆

Author:☆けたんなたん☆
チョコハウス★へようこそ
「ナタンさん」と「ケタンさん」の二人が
ちょっこづつ“素敵”なことを重ねてます。。。
素敵な人生になりますように…☆☆☆

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。