Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chocohouseblog.blog.fc2.com/tb.php/25-52e38025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

休日、庭三昧。その2

日曜日ー。
レンガ・ウォール編です。
説明が多いので、今回もナタンが担当することにします。

レンガは、カインズで購入した穴あきレンガを使用します。
軽量で、厚みがあり、何よりも柔らかい質感が気に入りました。
穴あきなので、中に鉄筋を通すことも出来ます。

P5280209.jpg

レンガはあらかじめ、平らな道路上で仮組みして十分にシュミレーションしておきます。(マジックで番号を書いておきます。)

ジブリ作品に出てきそうな朽ち果てた感じにしたいので、両端にくるレンガは、この仮組みの時に、タガネとハンマーを使って荒く削り崩しておきます。ここら辺はセンスが問われるところです。
また、ウォール中央下には大きな穴をあけ、そこから植物を出そうと考えております。
かなり難易度の高いものになりそうです…。

EPSON004.jpg

朝一番からレンガを水につけておきます。モルタルが良くつくように中の空気を抜くのです。(気泡が出なくなったらOK!)

さて、まずはウォールの土台、基礎作りです。
レンガウォールを立てるライン(今回は緩いカーブ型)に沿って、深さ15センチの溝を掘ります。底は水平器を使って水平をとっておきます。
基礎溝の幅は、レンガ積みをする範囲より、ふたまわりほど広くとるのが普通ですが、我が家では壁の前後に植物を植えるため、土の所を残しておかなくてはなりません。コンクリートで埋めてしまったら植物が根を張れません。そのため、レンガとほぼ同じ幅の基礎にすることにしました。さらに中央の穴の下の地面も土のままにしなければなりません。
強度の問題はレンガの中に鉄筋を通すことで解決することにしました。

P5270202.jpg

溝の形に厚紙で囲いを作り、砕石、砂利を厚さ5センチ程敷き詰めます。角棒でこれを突き固め、平らにします。そこに練ったモルタルを厚さ10センチ程敷きます。水平器を使って正確に水平をとります。これで基礎完了です。
いよいよこれにレンガを積んでいきます。

作業を進めるうちに、モルタルを盛っていくのは、ケタンの方がうまいことが判明。あとモルタルを練り上げるのも…。(よっ!親方)
ケタンが盛り、ナタンがレンガを乗せ、水平調整、二人で仕上げ…という役割分担が出来上がりました。

P5270203.jpg
 
中央の穴の所は使わないレンガや木材を支えにして積んでいきます。(完成したら抜き取ります。)
とにかく水平には気をつけて積んでいきます。

2段くらい積んだ所で、(モルタルが乾かないうちに)上からグサッと鉄筋をレンガの穴に通します。
ハンマーで確実に基礎まで突き刺します。この鉄筋を軸にレンガを積んでいきます。


……あっという間に夕暮れ時にー。
3分の2くらいまで進みました。今週はここまでー。

P5270204.jpg

完成したら、ヘデラ等のツタ類を這わせる予定です。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chocohouseblog.blog.fc2.com/tb.php/25-52e38025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

☆けたんなたん☆

Author:☆けたんなたん☆
チョコハウス★へようこそ
「ナタンさん」と「ケタンさん」の二人が
ちょっこづつ“素敵”なことを重ねてます。。。
素敵な人生になりますように…☆☆☆

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。