Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコッとバイク。

バイク旅では最高の景色に出くわす。
バイク乗りは気付いていると思うが、車の中から見る景色とバイクから見る景色はまるで違う。
車からの景色を100%だとすると、そう、バイクからの景色は200%ー。そんな感じ。

光、風、音、匂い、そして遮るもののない景色が五感を刺激し流れていく…。
これはバイクの後ろに乗った人にも分かるハズ。
なので、バイク旅では、観光地でもないごくありふれた風景に感動する事が多い。
車ではそうでもないのに、バイクで走ると最高に気持ちのいい道というのが存在するのだ。
個人的にそうした風景や道が多いと思う県が記憶の中では静岡県と、もうひとつー、
チョコハウスお隣の県、岡山だ。(北海道などは行った事ないので…。)
岡山は「晴れの国」と言うだけあって、とにかく青空が良く似合う。
特に津山市だ。
空が異様に広い。
県境の黒尾峠を越え、ループ橋を渡り、奈義トンネルを越えた途端に広がる白い道は強烈だ。
川端康成の「雪国」の有名な節、「国境の長いトンネルを抜けると…」をいつも思い出す。


今日はお昼からケタンさんが友人の新築祝いのため夕方まで外出という事で、4時間くらいの空き時間が…。
数日後のプチ・バイク旅に備えた「体感温度」等の軽い情報収集のため、「バイク3〜4時間コース」である前述の津山市へ向かう事にした。

5月という季節はバイク旅には気温が実に微妙な時期で、着るものに悩む。
数年前の南紀白浜旅ではセミが鳴いていたが、20年前の長野のアルプス旅では仲間共々凍死しかけた。平地が暑くても、峠はまだまだ寒いのだ。
エターナルのブルー・ジーンズにパーカー、シングルライダースの革ジャンとナタン定番スタイルで出発する。

黒尾峠を越えループ橋。
ループ橋
20年前、東京から初めてバイクで帰った時、この橋の上ですれ違ったベテラン・ライダーにピース・サインをしてもらった。今も思い出すだけで胸が熱くなる。
現在ピースサインを出すのは後ろのケタンさんの役目である。

そこからちょっと走ったところにある民家のテラコッタ・ボーイ。
テラコッタボーイ
かなり前から居るが、いつも心の中で「おはよう」と挨拶している。

そして薄暗い奈義トンネルを抜けると…広い空、白い道がバーン!。 
白い道0
最高だ。

そして、いつも気になるものの一度も食べた事のないレストラン「男爵」を通り過ぎ…
白い道2

やがて日本原手前で美作方面に曲がる。
この辺りはどこで曲がっても素晴らしい風景が待っている。
ここから先は道が迷路のようになっており、同じルートをたどる事は困難だ。
日本原駐屯地がある関係からか、大きな建物もなく、広大な大自然が眼下に広がり続ける。
はるか彼方に青々とした中国山地。のどか過ぎる田園風景ー。
のどか
日常に疲れたら、ぜひこの奈義町あたりを散策していただきたい。

途中には巨大な大木を加工した遊具が芸術的に配置されたシュールな公園。
公園
下を走り回る子供とその大きさを比べてほしい。
そのすぐ隣に放し飼いの馬のいる牧場。
うまうま
寄って来たので背中を掻いてやる。
ウマ


再びバイクを走らせ、菜の花祭りの終わった菜の花畑へ。
菜の花畑
「ひたすらのどか」が続く…。
のどかな

「金太郎」こと坂田金時終焉の地「勝央町」方面へ。

おおっっっ!!なぜに、なんでんかんでん!!
なんでんかんでん
はるか昔、環七沿いで仲間とバイク旅帰りに食べた思い出が蘇る。
風の噂で無くなったと聞いていたがまさかこんなところで再会するとは思わなかった。
今度絶対食べにこよう…。

勝央町。
赤いトンガリ屋根、明治建築の旧勝央町役場前。
勝央町
風情ある石畳の路地は人通りもなく静寂の世界。癒される。

大好物のバヤリースオレンジのプレミアム缶発見!
バヤリース
のどをぐびぐび鳴らして飲む。
大空をとんびが舞っている。


そしてケタンさんにお土産を…
と以前通った時に気になっていた「干し肉」屋へと向かう。
しかし、ほし肉って…。
ロールプレイング・ゲームの世界じゃあるまいし…。40年以上生きていて食べた事ないぞ。
しかも確か看板に津山名物と書いてあった…。
干し肉
お〜残念。閉まってた。(前回通った時は人が並んでた。)

ここでタイムアップ。帰路へつく。

峠はまだまだ肌を刺す寒さだ。

今日のお供のBGMはリッキー・ウォリックの『タトゥー&アリバイ』。
武骨なアイルランド男の乾いた歌声が青空に染み渡って最高だった。

青空、バイク、音楽…素敵な4時間にピースだ。





スポンサーサイト

ちょこっと印象派。

ゴッホ、ゴーギャン、モネ…。
好きな画家はたくさんいるが、そのほとんどが印象派、特に後期印象派だ。
LINK

印象派という呼び名は、新聞記者が、モネの「印象」を観て「モヤモヤとした印象を描いたヘタクソな絵」と揶揄した事からとされるが、私は逆にその記者が好きであろう『写真のような』絵にはあまり興味がない。

かなり乱暴な言い方になってしまうが、絵が上手い人なら誰にでも描けるものだと思っている。
見たままをそのまま描く事に、描き手の「感性」はほとんど反映されないから。
構図や素材選びはその人のものだが、描き手は「写真機」であればいいのだ。

しかし、印象派の影響下にある画家は、見える光や色や形を各々の感性で主観的に表現する。
その人の心象風景である。
写実的であることになんの価値も見い出さない。

また、古典、ロマン主義、写実主義などの絵画が『時代性』に縛られてしまうのに対し、多くの印象派は、現代のオシャレなカフェの壁にも合う『普遍的なポップさ』を持ち合わせていると思う。
それは近代のウォーホルやホッパー、あるいはジャクソン・ポロック、ジャスパー・ジョーンズ、バスキアのポップさと同質のものだ。

印象派が江戸時代の浮世絵に大きな影響を受けたのは有名な話だが、
欧米の人に比べ日本人に印象派好きが多いのは、その浮世絵的な色彩に惹かれるだけでなく、
「見えないものに価値を見いだす」日本人の『侘び寂びアンテナ』に何かが引っかかるからではないか。


そんな印象派の最高峰となるとやはりゴッホ。

ピカソなど前衛的なものはどうしても観る人を選んでしまうが、ゴッホの作品には万人受けする古典的要素が残っている。
それでいて十分に「ポップ」。
このバランス感覚が素晴らしい。絶妙である。

構図や色彩などの個々のポイントに絞れば、モネやゴーギャンのほうが好きだったりもするのだが、総合点ではゴッホがダントツ一位。間違いなく天才だと思う…。


ゴッホの展覧会は今まで2度観ている。
そのうちの1回は、ケタンさんと大阪で観た。

実はこの前の京都にもゴッホ展が来ていたのだが、日程が1日早くて残念ながら観る事が出来なかった。

ゴッホの作品の中で好きなのは、ベタなチョイスになるが、
屋外のテラスのヤツと、室内ビリヤード台の2枚の「夜のカフェ」。
LINK

屋外のテラスの「夜のカフェ」は大阪で実物も観る事が出来た。
我がチョコハウスの2階にもレプリカが飾ってある。



さてー、
今回は大好きな画家ベルナール・ビュッフェについて書くつもりだったのだが、
前置きとして印象派について触れようと思ったら、ついつい大好きなゴッホまでいってしまった…。
象徴主義やナビ派などにもルドンやシャバンニ、ボナールなど大好きな画家はいる。

ビュッフェについてはまた気が向いたときに書く事としたい…。





春の裏庭。

毎日庭をのぞくのが楽しい。緑達の成長が著しいのだ。
まるで彼等と「だるまさんが転んだ」をしてる様。
次に見る時は明らかに前とは違う姿をしている。

表庭のほうが変化が激しいのだが、今回は裏庭を散策してみるー。

まず嬉しかったのは、昨年枯らしてしまったと思っていた「アカンサス」と「桔梗」が無事芽を出した事だ。
P4170875.jpg
P4170879.jpg
共に多年草ではあるが、植えた時の苗の状態が悪かったのと(枯れかけのワゴンセール品)植えた時期や場所があまり良くなかったので、来年は芽を出さないのでは?…と思っていたのだ。植物の生命力は強い!
これであとは「女郎花(オミナエシ)」が芽を出してくれればパーフェクトだ。

その他『沈丁花の小道』と名付けた(赤毛のアン?)小道周りも勢いを増して来た。
ひと足先に沈丁花は良い香りを放ち散ってしまったものの、その他が花をつけはじめてきている。
P4170872.jpg
手前から「四季咲きナデシコ」「ドロニカム」「忘れな草」。
右下の緑達も、じきにたくさんの小さな黄色い花をつけるはずだ。

続いて、芽吹きはじめた「ムラサキシキブ」越しに、同じく芽吹きはじめた山アジサイの「日向紺青」。
P4170877.jpg
落ち着いた色彩の花や実をつける、裏庭のクール・ビューティー達だ。

御次ぎは手前から「ワレモコウ」、「朝霧草」、「ワイルドストロベリー」。
P4170883.jpg

ケタンさんの植えた「水仙」と「チューリップ」
P4170874.jpg
P4170882.jpg

そして「雲間草」!
P4170881.jpg
花の少ない冬の時期からずっと花が咲きっぱなしなので、こいつは本当に重宝します…。

物置横のロックエリアに植えたヘデラも元気モリモリ。
P4170884.jpg


緑達の元気な様を見るだけで自然と元気が湧いてきます。

ちょこっと★ライブ

なたんさんの帰宅を待って、本日はお出かけライブでございます。
二人とも何となく洋服のチョイスを合わせたりして…の出発です。


場所は、再び駅前サンロード内にある“ギャラリーSORA”さんです。
hat2.jpg

前からギャラリーSORAさんのページを見て気になっていたライブでしたが、いかがかな〜と悩んでいたら、ナタンさんの会社の音楽好き子ちゃんが『好きだと思いますよ。ケタンさんにぜひおススメです。ノリノリな姿が目に浮かびます!!』って言われて帰って来たんですから、そりゃ行かなくちゃってことで
hat3.jpg
ダァーーーン!!!ハッチハチェルバンド!!

もうすぐ開演ということでお客さんも上々です。
hat4.jpg

最初から一気にボルテージが最高潮ですケタンさん!フィーフィーフィー!歓声が止みません。
音も見た目も個性派揃い!ナタンさんもノリノリで、二人で楽しんだステージでした。
hat5.jpg
チョコハウスは no music no lifeですな。


今年一月にクアトロで行われたライブ音源CDを購入し、しばし楽しむことといたします。
hat6.jpg
なんだかんだと二人で音を楽しむ素敵な夜でした。


スコットとリバース。

先日、京都のタワー・レコードでゲット。
こんなアルバムが出てたとは知らなかった。
スコット

日本をこよなく愛する、WEEZER(ウィーザー)の頭脳、リバース・クオモと、ALLiSTER(アリスター)のスコット・マーフィーの2人が、なんと、日本語でオリジナル曲を制作、まるまる一枚アルバムを作ってしまった!

ウィーザーと言えばグラミー賞も獲り、2009年のフジ・ロックではヘッドライナー(主役)として来日もした全世界に多大なる影響を与えてきたロック・バンドだ。
私も学生の頃には彼等のブルー・アルバムを聴きまくったものだ。
一方、スコット率いるシカゴのロックバンド、アリスターは、現在メンバー達の子育てを理由に活動を休止中。
(ちなみにリバースは熊本出身の日本女性と結婚し、一児のパパ。)

まず、アルバム・ジャケットが良い。古い日本家屋の縁側であぐらをかいてひなたぼっこをするスコットとリバース。
バックにはちゃぶ台とお茶。
大きくカタカナでスコットとリバースの文字。
期待が膨らむ…。
LINK
一聴して、大物の「お遊び」ではない「本気」度が伝わって来る。日本語もかなり勉強し、練習したのだろう。完璧とは言わないが違和感はない。
たどたどしさの中に「一生懸命さ」が見えて妙に嬉しい。
詩もよく練られてて本当にビックリした。

最近の日本には、格好良く聴こえる様にとワザと複雑な言い回しで歌って、あまり詩が響いてこないバンドも多いように思うが、スコットとリバースは、詩がストレートな分「想い」がダイレクトに伝わって来る。
日本語っていいなあ…て改めて思った。

最近、色んな場面で、外国の人に「日本の良さ」を教わることが多くなった気がする…。

メロディの方はウィーザーの音楽性をさらにポップにした感じで、そんな中にJ-POPの要素もある。本当に日本が大好きなんだなぁ…と微笑ましくなる。
彼等、「くるり」とか好きなんじゃなかろうか…。

春にぴったりの元気ロック。
木村カエラのカバー1曲を含む、発売したての好盤。


ちょこっと★結婚記念日旅行

チョコハウスは、毎年ナタンさんの誕生日の3月に京都へいくことにしていますが、今回は超〜多忙となったナタンさんのエナジーチャージと結婚記念日をかねて行くことにしました。

ナタンさんの仕事終了次第出発!!
ドライブのお供は…じゃん!干し芋(無性に食べたくなったらしい。。)
1

京都へ着くと辺りは真っ暗。。急いで宿へ。
スゴイ修学旅行気分が味わえるお宿です(苦笑)セルフでお部屋にお茶を運びます。貴重な体験ですっ!
02kyoto.jpg

二人ともお腹ぺこぺこ!荷物をおいて、早速外へ!
03kyoto.jpg
京都駅近くの宿だったのでYODOBASHIのグルメ街でおそばと天ぷらをペロリっ!おいしゅうございました。
04kyoto.jpg
急いでお宿へ帰り、大浴場へドボンっ!今日はとにかく疲れを取りましょう…

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

本日はあいにくの曇り空。
ですが、朝から動きますよ!
まずは、渉成園という庭園です。
05kyoto.jpg
さっそく、しだれ桜がお出迎えです。
06kyoto.jpg

意気揚々とナタンさん入場です!!
07kyoto.jpg
ちょうど真ん中辺りにかかる橋にて、哀愁漂うナタンさんを演出してもらいました。すると、ポツリポツリと雨が降ってきました。寒くなってきました。
08kyoto.jpg
雨がやんだその隙に、桜をバックに二人の写真を撮って頂きました。
09kyoto.jpg
やっぱりいい庭を見ると心がすーーーとします。美しい!
10kyoto.jpg


そして、今度は一乗寺へ!ケタンさん目的1の恵文社さんへ。
12kyoto.jpg
すべての本や小物を見て回ると、時間が足りない!とりあえずはお目当ての品はゲットしました。

さすがに朝から動いてますので12時前にはお腹がぐーーーー。力が入りません。…ということで、一乗寺から近く似ある天下一品 総本店へ。
11kyoto.jpg
さすがに並んでますね。相席で、いつものこってり並とぎょうざ!
お腹が満たさせましたっ♪

その後は、一度今日のお宿近くへ車を止め、電車で河原町方面へ移動することにしました。
途中に、ナント“御金神社”が!
13kyoto.jpg
おみくじを引いて、ナタンさんは末吉。。。ケタンさんは。。。。。えっ!
なに!なに!どうしよう!これどうしたらいい!? 気を鎮め、結んで神社へ。あーー気分が悪いですよ。
14kyoto.jpg

かなり落ち込みながらも、行きつけのCafe Luccaへ。
16kyoto.jpg
何とも単純でありますケタンさん。甘い物で一気に気分も上がります!!!!
15kyoto.jpg

その足で、古着屋さんへ。最近じゃ、見るだけですけど…刺激をうけますね、やっぱり!
17kyoto.jpg

その後は、ナタンさんCDやさん、ケタンさん紙小物やさんへ。
それぞれ、思いのまま買い物し一路オーパへ。
もちろんTowerRecordが一番ですが、BOOKOFFも入ってますし、最近JINSも入ったので、大忙しです!
全てに堪能し、メガネを受け取りまでに夕飯を済ませることにしました。裏路地にあった京極食堂へ。
18kyoto.jpg
小さなお店で入り口にはカウンター席が6席その後ろはやっと人が通れるくらいで奥へはテーブル席が二つ。
おやじさんが、営んでました。おやじさんが話す声でみんなその場の雰囲気を共有している感じがとても暖かく、うれしかったです。850円という安さでイワシのフライ定食をいただきました。お値段以上の満足度です。


メガネを受け取り19時30分を回ってしまいました。今日の最大イベントは21時まで!
そう二条城の夜桜です!!
くたくたの身体をナタンさんの励まし(!?)により何とか到着!
19kyoto.jpg

場内は真っ暗の中足元にともる灯り
20kyoto.jpg

そわそわしながら歩いていきます。
迷子にご注意!二人仲良く進みます。
ライトアップされた桜は、まだ五部咲きぐらいでしたが、ナタンさん曰く、pon ponポップコーンみたい…に見えました★
21kyoto.jpg

お堀の水面が石垣に映し出され、より幻想的です。
22kyoto.jpg


最後に筝の演奏を聴きながら、小川珈琲と焼き菓子をいただき、しっかり京都を感じました。
23kyoto.jpg
身体はクタクタでしたが、また一つ二人の楽しい思い出ができましたね。
これからも、仲良く行きましょうね。よろしくお願いしますっ!

Extra

プロフィール

☆けたんなたん☆

Author:☆けたんなたん☆
チョコハウス★へようこそ
「ナタンさん」と「ケタンさん」の二人が
ちょっこづつ“素敵”なことを重ねてます。。。
素敵な人生になりますように…☆☆☆

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。