Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気まぐれナタンの洋楽名盤100選 第6回 プリファブ・スプラウト『スティーブ・マックイーン』

マドンナやスティービー・ワンダーに『世界最高のソングライター』と言わしめたナイーブなロマンチスト、パディ・マクアルーン。
評論家筋でも彼の作曲能力は非常に評価が高い。
そんな彼を中心に結成されたイギリスのロック・バンドが
プリファブ・スプラウト。
デビューは1982年。

私は冬になると、決まって彼等のアルバムを聴く。
もはや習慣といってもいい。
家の中でも車でもだ…。
私の中では「冬」が似合うバンドの代名詞。
夏男だった私を冬好きにさせてくれた貴重なバンドだ。

彼等のアルバムで1枚選ぶのは難しい。
強いて選ぶなら、満天の星空のイラスト・ジャケットが美しい『アンドロメダ・ハイツ』か、
初期の名盤『スティーブ・マックイーン』になる。
迷ったが、紅一点ウェンディ・スミスのエンジェル・ヴォイスがたっぷり聴ける、1985年発表のセカンド『スティーブ・マックイーン』をご紹介することにする…。

LINK

このアルバムのタイトルだが、ジャケット写真をみてニヤリとした人はなかなかの映画好き。
そう、スティーブ・マックイーン主演の名作映画『大脱走』のあの場面を意識したタイトル&写真である。
私的映画ベスト10に入る『大脱走』は、私がバイク乗りを目指すきっかけになった作品だ。(『イージー・ライダー』ではない…。)

さて話をこのアルバムに戻す。
まずこのアルバムで最も有名な曲は、美しく激しいバラード「ホエン・ラブ・ブレイクス・ダウン」だろう。
別れた女性への思いが、激しくも切なく、辛辣な言葉でつづられていく…。

このアルバム製作当時、パディとウェンディの恋愛関係はすでに終わっていた。(ジャケットのバイクの男女がパディとウェンディ。)
関係の終わった男女が、おなじバンド内に居続ける根性も凄いが、男がこの曲を熱唱し、女がその横で天使の歌声で華をそえ…、そしてそれが大ヒットするというのもさらに凄い。
だって歌詞は『愛が終わると、君は現実から目をそむけて軽薄にふるまう。嘘をつく。くだらない連中とつるむようになり、安易なセックスにはしる…』だ。

昼ドラの世界かっ…。
一体、ウェンディはどんな気持で隣で歌っていたのか…。

この曲に代表されるように、このアルバムには全編にわたって、若さゆえの移ろいやすく傷つきやすい繊細な感性と、青春の青く眩しい煌めきが満ち満ちている。
ときめくことの少なくなった40過ぎのおっちゃんを、聴くたびにキュンとさせてくれる奇跡の1枚だ。
パディの高度な作曲センスも十分に堪能できる。

2009年のアルバムを最後に姿を消したプリファブ…。
パディは今なにをしているのか。


……窓をあけると澄んだ空気が入ってきた。

今夜はミルクティーでも飲みながら
1997年の「アンドロメダ・ハイツ」でも聴くとしますか…。

LINK
スポンサーサイト

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その9

本日は、面影町の建物紹介 第1弾 & 電飾化作業の紹介…
ということで、
床屋『カワムラ』にスポットをあててみます。

まずは建物の全景。床屋3
床屋
床屋2
かなりの汚し塗装をほどこしてます。壁一面にはツタなど這わせてみました。
2階ベランダには、当時最新型の洗濯機が…。きっと儲かっているのでしょう。
盆栽が並んでるのはご主人の趣味でしょうか。落下したら危ないですね…。

電飾化するため、一度完成していた床屋をバラします。
床屋5

床屋6
正面のガラス窓にはヘアースタイルのポスターを貼りました。(これで中が見えないので、内部を作り込まなくて済みます。)

さらに2階と正面玄関にはカーテンを。(今日は祭りなので早めに閉店した…。という設定です。)
色和紙をカーテンっぽくしてボンドで窓のところに貼り付けます。
床屋7


さて、いよいよ電飾化作業。
まずは遮光のため、建物の内側にアルミホイルを貼っていきます。
床屋8
アルミホイルを貼らないとどうなるか…。
裏から光をあてると…。
床屋9
中央の暗いところがアルミホイルを貼った部分です。
比べてみると、貼ってない所は壁が光で透けちゃってますね。
壁が透けるのはちょっとおかしいですよね…。
よって窓のところ以外、すべてにアルミホイルを貼っていきます。…するとこうなりました。
床屋10
窓の部分以外は光を通さずイイ感じです。

再び建物を組み直していきます。
ここで、わずかなポスターのすきまから店内がのぞけてしまうことが判明したため、店の内部手前に赤いソファーの設置と、ほうきを持ったご主人の人形を立たせてみました。見えるのはほんの少しなので、コレくらいで十分!
床屋13
これで完成。

中にLED電球を組み込んで点灯させてみます。
床屋11
イイ感じ!
さらに部屋の電気を消してまっくらにしてみます。
床屋12

ん〜ノスタルジック!

以上、床屋『カワムラ』でした。



ちょこっと★なしっこ

今日は、ケタンさん午前中ジム、ナタンさんお仕事ということで、午後は倉吉市 未来中心内のなしっこ館へ参りました。寒さが身にしみます〜
なしっこカン

それはかねてよりチケットを購入していました、時間旅行展を見るためです!ワクワク♪
時間旅行 展

なしっこ館はその名の通り、鳥取名産二十世紀ナシのイベントパークです。規模は小さいですがニルス(の不思議な国)になった気分が味わえます☆
なし

さてさて、その一室に時間旅行展は開催されてました……。。。ちょっと期待度が上がり過ぎてしまっていたため現実とのギャップが……。。。。
気を取り直してまずは〈無響空間〉不思議な形をした無響室の中で自分なりに時間の経過をカウントし一分間をあてましょう!!コーナー!に挑戦。
無音マシン

暗い中、響かない何とも不思議な空間にナタンさんとひざをたたきながらカウント開始…
59,60 はい!終了。扉が開いて外の時計を見てみると
「おめでとうございます。0.2の誤差。今日一番のカウントです!」でパシャリっ!
ほぼピタリ賞

ほぼぴったり賞ということで、『なしっこ館無料おみくじ券』をいただきました♪
一気にテンションが上がりました!有り難や!
ゲット

続いて、〈マシュマロスコープ〉映像が少しだけ遅れたり、ゆがんだりする時間が素材になったアート作品。
ゆがみマシン
ナタンさんがゆがんで見えますよよヨヨ。
歪みマシン

そして最後に、受付にて際ほど頂いたおみくじをしましょう!
「すいません、これお願いします。」
すると、片手にぞうきんをもって清掃中のおばさまが空いている片手で箱をたたき
「ここからくじをひいてくださいね。」
あっ、はい!ナタンさんひきましょうか。

引いたカードは様々なナシの種類のカード(プロ野球カードみたいな)
ええええええーーーーー!これだけですか!!!!
ショックショック!……でケタンさんはこんなんなってもうたわ。
くじ

疲れているナタンさんに運転してもらってのなしっこ館。
帰り手みやげに、名物打吹だんごを買ってお家でゆっくりいただきましょう。
だんご

こんなはずじゃなかったのに……
でも、ナタンさんとの腹が痛いほど笑って楽しいドライブだったからso good!ですよね。

ちょこっと★冬支度

冬将軍もやってきて、そろそろ冬支度を迎えるチョコハウス★

気づけば我が家も紅葉してました!
ケタンさんは名前は分かりませんっ。。
もみじ
ので、ナタンさん解説お願いします!
『ツワブキの黄色い花。夏は青かったのですが、今は赤くなっている、しだれもみじ』
……だそうです。。

知らない間に(笑)すっかり色づいてます。

そしてケタン自身も冬支度!
大きな着ぐるみを着ているような身体で、肩こりが重症へ!
今のうちから、しっかり身体作りを!

会社からも近く我が家からも近い!

その名も、『GEIKI』さん
gaikan.jpg

体重、脂肪、筋肉……チンっ!!私の今の身体は56歳。
ケアしていただきながら、運動のMyメニューをたてていただいてのスタート!
situnai.jpg
先生はとてもいい先生で良かったです☆☆☆
身体も軽くなってきましたよっ。
ちゃんと身体と向き合う生活をしていこうと思う、ケタンさんでした。

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その8

寒い日が続きます。

これからの季節の過ごし方を考慮し、久々に鉄道模型製作を再開することにしました。

計画としては、当初の予定通り、まず全てのストラクチャー(建物や電柱、車など)を〈電飾化〉も含めた形で仕上げ、その後ようやくメインの線路の設置ー。
最後に全てのストラクチャー、小物類を本設置して完成!…という流れです。
鉄道模型の作り方としては邪道といえる順番でしょう…。

まず、最も細かい車などの電飾化から。
これには最新の技術を用います。
色塗りを終えたミニチュアのオート三輪。ライト部分をピンバイスで穴あけします。
そこに直径0.5ミリの光ファイバーを通します。折れやすいので熱で曲げながら慎重に…。
オート三輪1
光ファイバーの先端に光を当てると、ファイバー内を光が伝わり、反対側の端が光る仕組みです。
オート三輪2
オート三輪3
見事成功です。

マツダのオート三輪も同様にします。
マツダ1
テールランプもこの通り。
マツダ2

さらに小さいサブちゃんのミニバイクも…。
サブちゃん1
テールランプ。
サブちゃん2

仕上がったものは設置まで大切に保管することにします。

つづく踏切は交互に点滅するように電飾化します。

赤色レンズ部分をピンバイスで慎重にくりぬき、先端に赤色のチップLEDを埋め込み接着します。
踏切1
踏切2
紙ヤスリやパテで細部を修正し、色を塗り直します。
踏切4
そして点灯実験。
踏切5
ん〜バッチリです!
しかし、交互に点滅させるためにはこれを点滅回路につながねばなりません。
配線が複雑なので、いつものようにケタンさんにハンダ付けを手伝ってもらいます。
電池ボックスもつけて完成!!
踏切6
交互点灯成功です!。

これも設置の日まで保管ですね。

次は街路灯か、銭湯の内部の作り込みか…。

ま、のんびりやっていこうと思っております。

イマジン。

少し前になるが、ジョン・レノンの名曲『イマジン』が、イギリスの葬儀で使用禁止となった。
「想像してごらん。天国なんて存在しないって…。」という歌詞が不適切だということらしい。
聖職者への配慮からとはいえ、ジョンがこの曲で何を言いたかったかを考えれば、法令禁止は行き過ぎだと考えるがどうだろう?
LINK


私は無神論者なので、宗教の価値観よりジョン・レノンの哲学の方がはるかに共感できるためそう思うのだが、自身の置かれた環境などで、人それぞれ感じ方は違うと思う…。


さて、死後もなお物議をかもすジョン・レノンだが、ビートルズ時代のキリスト発言に始まり、様々な平和運動や反戦活動を行うなどして、生前から常に世界中の関心を集めてきた。
FBIが「革命家」「要注意人物」としてジョンをマークしていたのは有名な話だ。(死に関しても陰謀説さえある…。)
だが、死後のジョン・レノンがヘンに美化され過ぎていると感じるのは果たして私だけだろうか…。

武内亨氏は、「衝撃的な死によって伝説化したが、ジョンはそんなに立派な人ではなかった…。わがままで弱っちい、愛すべき夢想家だった。」と語っている。
生前ジョン、ヨーコ夫妻と親しかった星加ルミ子氏も、
「ラブ&ピースとか、黒人差別反対などの活動は尊敬するヨーコさんの影響がかなり大きかった。冗談好きのジョンに心底そういう革命児としての気持ちがあったかというと…。半分はジョークのつもりだったんじゃないかと私は見てる。楽しんでやってたんじゃないかな。」と言っている。

私もそう思う。



愛妻オノ・ヨーコに別居を言い渡され、自暴自棄になり、飲んだくれ、すさんでいくジョン・レノン…。(俗にいう『失われた週末』。)

毎日のようにヨーコに電話して戻りたいと泣きつき、自身のアルバムでヨーコに向けてメッセージを送るジョン・レノン…。

ヨーコに許されて自己を取り戻すジョン・レノン…。

生まれた息子のため、「息子が5歳くらいになるまで音楽活動はしない。」としてきっぱりと主夫になったジョン・レノン…。(イクメンの先駆け。)

5年後、息子に「パパはビートルズだったの?」と言われ奮起するジョン・レノン…。

姉さん女房のヨーコの奨めで食餌療法を実践しながらも、時として型からはみ出し(?)禁じられているものも口にしてしまうジョン・レノン…。(チョコレート大好き。)

実はそうした自己矛盾を抱えた人間臭い姿に、音楽と同じくらいに、ファンは惹かれているように思うのだ。

LINK


『想像してごらん 天国なんてないんだと…。 頭上には空があるだけ…。想像してごらん 国境なんてないんだと…。殺したり死んだりする理由もなく、宗教さえもない…。 想像してごらん すべての人が世界を分かち合ってると…。 僕を夢想家だと思うかもしれない けれど僕ひとりじゃないはずさ…。いつの日かきみも加われば この世界はひとつに結ばれる…。』
【イマジンより 抜粋】



『イエスなんて信じない。 聖書なんて信じない。 ブッダなんて信じない。 神たちも信じない。 
エルビスも、ディランも、ビートルズだって信じない…。
僕は自分だけを信じる。 ヨーコと自分だけを。 それだけが現実なんだ…。』
【ゴッドより 抜粋】 


私が思うに、ジョン・レノンは「宗教とか世界だとか大きなことを言う前に、まずは身近なものを愛せ。」と…、
ただそれを言いたかった“だけ”なんじゃないかと…。


話がブレるが、私は先の見えない10年先、20年先の不安を考えて暮らして行くより、その日その日を毎日楽しく過ごして行こうと思っている。
そしてそれがやがて全てにつながるのだと…。
壁にぶち合ったった時は、その時に知恵を出せばいい。



『人生は40歳から始まるというが僕もそう信じているんだ…。』
凶弾に倒れる数日前、ジョン・レノンはそう言った…。

よし、そうか、私も頑張ろう…。(思えば夏に記念館を訪れた松本清張も42歳デビューだったな…。)





下はジョン・レノンがいつも日本で過ごす際に長期滞在していた、軽井沢の万平ホテル前にてー。
万平ホテル

カフェテラスでは幸運にもジョンがいつも座っていた角のテーブルに座れて(!)、ジョンが毎朝飲んでいたというロイヤル・ミルクティーを飲んだ…。
ほんの数年前だが…、
なんかナタンケタンともに若いなぁ…。

またジョンの愛したロイヤル・ミルクティー、飲みに行きたいもんだなぁ…。

万平ホテル2
【ケタン&マサ】

年賀状ヒストリー②。

昨日の続きです。
2009年から2012年までデス。
年賀2010
年賀2010
年賀2011
年賀2012

タツ年も残りわずか…。
1年なんてあっという間です…。


年賀状ヒストリー①。

そろそろ、年賀状の準備をしなくては…の季節です。
(いつもギリギリになるまで手を付けないんだよなぁ…。)

毎年、干支をモチーフとしたイラストで出してます。
さて今年はどんなのにしようか…。

ケタンさんと出会ってから描いたヤツの下書き分、原画などが残っておりました…。
今日はそれらを古い分からご紹介しましょう。
今日は2005年から2008年まで振り返ってみます。

画像をクリックしてみて下さい。
(この頃までは出す人全員に同じ絵を描いてたな…。アナログ・ナタン イズ  クレイジー!!)

年賀2005
年賀2006
年賀2007
年賀2008

2008年からはナタンケタン連名になりましたな…。
明日は2009年から2011年までデス。




季節は変わる。

…木枯らし吹きすさぶ季節になってまいりました。
寒太郎もそろそろやって来ることでしょう。
暑い夏が大好きなんですが、ちょっとセンチメンタルなこの季節も最近では同じくらい好きになってきました。
歳をとったということでしょうか…。

本日は体調不良でボーッとしていたせいか、仕事中頭の中でずっと同じ曲が流れてました。

踊ろうマチルダの「季節は変わる」。

LINK
【踊ろうマチルダ 夜の支配者】


踊ろうマチルダとは、和製トム・ウェイツ、あるいはジョー・コッカーか…といったしゃがれ声が魅力の釣部修宏氏のソロ・プロジェクトで、この曲はアルバム『HUSH』収録の、哀愁をおびたメロディ・ラインが淀みなく流れていく名曲です。

個人的には、かつての山崎まさよしの「セロリ」のように、SMAPあたり(古い?)がカバーしたり、ドラマかアニメのエンディングにでも使われたりでもしてお茶の間に広まれば、必ずやヒット間違いなし!と言えるくらい非常にヒット・ポテンシャルの高い楽曲だと思います。

詩も素晴らしく、
『行き先なら風が決める…。じゃあ、その風すら道に迷ってしまった時は、誰が風向きを教えるんだろうか…。 庭に咲いてた花は枯れたよ…。また季節が変わるのさ…。』
…なんて、シンプルでありながらも詩的で憂いに満ちていて、なんか胸がしめつけられます…。

よくケタンに『あなたは陰のあるものに惹かれる傾向がある…。』と言われますが、音楽もその様でして、明るくてノリの良い軽快な音楽を好むケタンに対し、私はもっと内省的なものに惹かれるようです。

季節の変わり目に、ボヘミアン気質の私にはぴったりの一曲です。

あと、YouTubeの蛾が飛んでくる映像が好きですね…。(釣部氏のtシャツが緑色のハンチングのやつ。)


踊ろうマチルダはチョコチョコこの町にもライブで来てくれてまして、昨年は私も行きました。
今年は行けなかったけどまた都合がつけば行きたいですな…。

さ〜てと、今日はもう寝て体調を整えるぞ!。

チョコっと⁈★てくてく日和

今週は土(祝)日お休み。
いつものように、掃除班ナタンさん・洗濯班ケタンさんと別れて家事とせっせとこなしまして、良き天気ですのでお出かけを…。
行き先は県立博物館!ナタンさんがみたい絵があるとのことで早速出発!!!
近くのパーキングにとめて、歩こうと思いきや途中で道路が封鎖!
何かやってるっ!!歩行者天国だ!!ナタンさん先にこちらに行きましょう!

ってなことで、きちゃいました『木のまつり』
01木のまつり
結構人がいました。ナタンさんの背中なめにパシャリっ。。
002まつり
街道の端からずっと歩き、出店や屋台の誘惑におそわれながらもブラブラ!
途中で甘味やさんのぶどう大福を購入し、街道を折り返し…
003まつり
川端にぎわい市を通って

……いると、気になる日替わり。。。
004まつり
ほんとは、決めていた定食屋さんへ向かう途中でしたが、せっかくだから入りました。
ドアを開けると、タバコの香りが…。先に入っていたお客さんが『どうぞ!』
スナックばーのような店内。たるんとした空間。。。

待っている間、先に入っていた近くの画材屋の老主人と友人らしき老婦人がしている会話が耳に入ってきました。
「この空の青はスペインに行ったものにしか描けないって、言われたから何くそっ!って思って行ってやったわ、スペインに!」……(以下、絵を描かれるらしい老婦人の話は続いた…)
……えっ!!ビックリ!見た感じ70はとうに越えているであろう二人の会話は、食事を待つにはもったいないぐらい、とても刺激的な話でした。

そうこうしていると出来ました。
お食事は、煮魚の定食600円。
005まつり
『写真撮ってもいいですか?』とママらしき方に尋ねると、照れ笑い。。♡かわいい方でした。

お店をあとにして、再びブラブラ♪
少々お高いのでなかなか手が出ない家具などを扱ってるお店『マージナル』へ。
006まつり
なんと、閉店セール!!!これにはビックリ!
結局買っちゃいました。。。。。
007まつり

そして、本来の目的地へ
008まつり
偶然にも、この二人もスペインへ行き大きな刺激を受けたようでした。
今日は『スペイン』がキーワードのようです。ふふふ
009まつり
観賞後、芸術家!?ナタンさんのハートに火がついたようで、ブツブツと今後の活動予定をつぶやいていました。

少々甘いものが食べたくなったので、さきほど購入した大福をパクリっ!
010まつり
チョコ大福は定番でいつも買っちゃいます。

後は休日コースで、『アムズ』で雑貨を物色。。
ケタンさんの収穫は、こちら♬
011まつり
012まつり
ナタンさんはちいさなフロアマットを買いましたが、それはまた今度!!

すっかり秋の日。
歩いて、触れて、感じる深い充実した、一日でした。

Extra

プロフィール

☆けたんなたん☆

Author:☆けたんなたん☆
チョコハウス★へようこそ
「ナタンさん」と「ケタンさん」の二人が
ちょっこづつ“素敵”なことを重ねてます。。。
素敵な人生になりますように…☆☆☆

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。