Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっとガーデン、ジャングル化始まるー。

 
玄関前が賑やかになってまいりました。
現在、全景はこんな感じ。

P6250299.jpg

毎朝の日課は、水やり、花の散った花茎の剪定、風通し確保のための剪定、雑草むしり…。

そして、レンガウォール裏では、園芸店のかたすみで瀕死の状態だったマホニアがこんなに元気に!!。
植物の生命力はすごい。↓

P6260300.jpg

キンモクセイの足元もこの通り。↓

P6260303.jpg



あと、玄関の階段が無機質でいやだったので、会社の裏庭に生えていた雑草「コモチマンネングサ」をコンクリートの目地の部分に移植しました。
これがコンクリートの上でも根づく雑草なんですよ。まあ、わずかな土は要るけど…。

根っこが複雑に絡み合っているので、竹ぐしでほぐしながら、まるでアデランスの髪の毛を一本一本植えるようにして、コンクリートの上に敷いたわずかな土の上に植えていく…。

30分くらいでオペ終了。
活力剤『メネデール』(優れもの!!)を与え、5日後には完全に根付いた模様。
こんな感じ。↓

P6250297.jpg

ご覧の通り、この雑草、6月頃に星形のかわいい黄色い花をいっぱいつけるんです。






スポンサーサイト

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その5

久々の鉄道模型、更新です。
すっかり忘れてました。
前回での予告通り「平屋の家族」です。

鉄15

この2軒の平屋は、模型全体で言うとレイアウトの左側前、銭湯の横にあります。
今ではこのような味のある平屋はめったに出会えませんね。
左側の平屋では、お父さんが縁側で娘さんを膝にだっこしながら、息子のボール遊びにつき合ってます。
玄関前の通りを銭湯帰りのランニングシャツのおじさんが歩いてます。
いい時代です。
隣の平屋になにか荷物が届いたようです。
おや、留守でしょうか?

さて、以前と同様に鉛筆でその大きさを比較してみましょう。こんな感じ↓

鉄12

左側の平屋をズーム・アップしてみます。

鉄14

あらら…。お父さんの後ろ、畳の上でお母さんが高イビキをかいてお昼寝中です。
大きなお尻はとてもよそ様には見せられませんねぇ…。

別の角度から。↓

鉄16

ん〜お母さんが見えないと実に爽やかなショットです!!。 

そしてお隣。↓

鉄17

庭のヘチマのつる棚の下で犬がお留守番。
やはりお留守のようです。


相変わらず画像があまり良くありませんが、以前の鉄道模型の画像、画質少し良くなりました。
よろしかったらもう一度どうぞ。


ナタンのこだわり その3

梅雨です。家でまったり過ごしませう…。

前回のリビング編の続き。カラシ色のソファー。
バナナ型で70年代風レトロモダンな所に惹かれた。

とにかくでかい!。
よそであまり見ないデザインであ〜る。
肌触り、座り心地もいい。寝心地最高!。

あとコーヒー豆(?)柄のじゅうたんとレコード盤のデザインのコースターもお気に入り。

木目調の時計は、近いうちに変えたい。

ソファー

そして玄関、下駄箱上のジミ・ヘンドリックスのギター・ピック・コレクション(限定品・シリアルナンバー付き)
イギリス製、日本未発売。ケタン全く興味なし。

下駄箱上

そして、階段踊り場。月と太陽の刺繍タペストリー。なんとなく垂れ下げてみた。
これが ケタンにはびっくりするくらいの不評ー。
しかし、飽きるまで垂れ下げてみるのであった…。

タペストリー

ちょこっと☆日和

さて、今日はいいお天気!
ですが……
お隣さん建築中で朝から、トンカントンカンっ。
二度寝は出来ません。
早速、朝から開始!
ケタンが起きる前には、ナタンさんは室外機カバーを設置(後日報告しますね☆)
そして例のウォールに、チョコハウスのこだわり〜〜
2012_061711.jpg

はいっ、出た!カエルの親子さん!
2012_06172.jpg
我が家にお寄りの際は、ぜひ注目を!

そして、ちょこっと足をのばして、コ◯リへ!
2012_06174.jpg
青い空と 緑の山々、まぶしい太陽っ………とナタンさん。。。。
最高のシチュエーションにテンションがあがってしまって…撮っちゃった。


お店の入り口にピーピー鳴いていたので
見上げると、
2012_06173.jpg
ツバメさん兄弟!!!!
多分、もうすぐ巣立ちかな…
なんとなく、センチメタル…☆☆なんてねっ

ちょこっと☆倉庫

連日、曇ってますよ、お空さんっ。
けれどまだまだ作業はたくさんありまして。
その一つ、我が家に倉庫を設置すること!!


曇り空にも関わらず降水確率90%の中、強行突破!アムロばりに“ナタンさん、いきまーすっ!!”

まずは、外枠を仮止め。
その際は二人必要となり、たまたま居合わせたアーとケタンさんが支えました。

01.jpg
その後も、着々とナタンさんの作業は進みます。

雨が降り出し、急いで上部をとりつけます。
02.jpg

何とか、形をつくりあげましたが
04.jpg

雨が本降りとなりました。
03.jpg
しかし、ナタンさんの作業は止まりません!!

下にブロックを置き水平にした上に、倉庫を置くのです。
『ケタンさん、ケタンさんっ』
ナタンさん、ついにケタンさんを呼びました。いよいよ、出番です!!

んががががっっっっっっっっっっっっっっっっっーーーーーーー!!!!

ピクリとも倉庫は動きません。上にも横にも。ナタンさんいわく「予想外の役立たず」・・・・めんぼくないっ

結局朝から、ナタンさん一人で作業し
祝☆完成!!!!となりました。
完成
いつもながら、ナタンさんには感謝感謝です。

ホタルが来た!

今日ケタンは、友達と大阪にEXILEを観に行ってます。非常に部屋が静かです…。



夕暮れ時、いつものように庭木に水やりしていると、しだれエゴの木の根元が、黄緑色のLEDライトのようにピカピカー。
なんだぁ?と思い、よく見ると、なんと一匹のホタルが!!。
慌ててデジカメをとってきてパシャリ!。

蛍

さすがバーゲン品のデジタルカメラ。何がなんだかサッパリ…。
さらに寄ってパシャリー。

蛍2

やはりうまく撮れません。今度はフラッシュたいてパシャリ。

蛍3

こいつです。
一体なにボタルなんだろう……?


チョコハウスのご近所さんは、車を数台所有しているためか、ほとんどがコンクリート打ちっぱなしで庭木は植えておられません。
我が家は小さいながらも、ジャングル化を目指しているので、ご近所でも妙に浮いている感じがします。
そのあたりがホタルさんの目にとまったのでしょう。

我が家は市街地から結構近いのですが、まだまだ自然が残っているんだなぁと、ちょっと驚きです。

仲間をつれてまた来てよぉ〜。


バクスター博士、大丈夫ですよね?

有名なバクスター博士の実験はご存知でしょうか?。

『ニューヨークタイムズ』でとりあげられ、日本でもテレビなどで大きく取り上げられた事があるので、知ってる方もいるかもしれませんー。


2本の植物を同じ部屋に置いて、ある人物にそのうちの1本をこなごなに踏みつぶさせましたー。
そして、残った1本の植物を部屋に残して、そこに6人の人物を順番に入らせましたー。
すると、植物を踏みつぶした犯人が部屋に入った瞬間、植物につないであった電極のメーターが激しく振れたのです…。

また、葉っぱを燃やしてやろうと博士がマッチを取りに向かった瞬間も、メーターは激しく振れました…。

これは、植物に「意識」「感情」はあるのか?…で必ず出る話なんですが、なぜこの話をするかというと……



実はあのカクレミノくんがピンチなんですよ…。

コレが初日↓

P5270199.jpg


でコレが先々週↓

カクレミノ


でコレが今週↓

隠れさん


最初、お隣さんの室外機の風が原因かとも考え、レトロな木製看板でこれをブロック。
が、葉っぱが次々と赤くなる現象は一向に止まりませんで…。

この辺りから、私の脳裏にふとバクスター実験の事が浮かびまして、「ひとりぼっちで寂しいのか…。」と回りに仲間を増やしてあげたのが先週のこと。(小さなロック・ガーデン風仕立てに。)

しかし、毎日毎日、はらり、はらりと赤い葉をおとし続け……。

やはり、先日の1mの大移動の際に根を痛めたのかと、毎朝「ガンバレ、ガンバレ」と幹をさする日々ー。

しかしよくみると、若葉は青々としたままです。

調べてみるとカクレミノの成木は活着しにくく、茂ってくると下の葉をよく落とすらしいです。

よくよく見れば、初日の画像は葉が茂り過ぎな気も…。

現在の方が上の若葉に勢いがあるし、全体のバランスも良くなってるような…。

枯れ落ちた所はみな、茂り過ぎてたところです。

もしかして我が家に合うように衣替えですか?


こんなポジティブ・シンキングで明朝も幹をさする予定でおります。

気まぐれナタン洋楽名盤100選  第3回 ビリー・ジョエル『ストレンジャー』

3回目です。

摩天楼のピアノ・マン、ビリー・ジョエル。

中1の冬、彼のアルバム『イノセントマン』に出会わなかったら、間違いなく今の私はいませんでした。
全く違う人生を歩んでいたことでしょう…。


満天の冬の星空の下、友達の家からの帰り道ー。
白い息をはきながら自転車をこぐ中坊の私ー。

ウォークマンからは「イノセントマン」、そして「今宵はフォーエバー」が流れてました…。

洋楽にハマった瞬間ー。
振り返ってみれば、それが、私のその後の人生の流れを決めた瞬間でした。(その後の友達たち、学校生活、文化祭、ギター、バンド、彼女、東京、大学………………ケタン、チョコハウス!つながった。)

今回は、そんな私の中の重要人物の一人であるビリーを紹介いたします。



同じピアノ・マンであるエルトン・ジョンが、華麗で陽気な作風(物悲しい曲であっても…)であるのに対し、ビリーの曲には、常に大都会『ニューヨーク』の持つ哀愁みたいなものが感じられます。
乾いたエルトンに対し、しっとりビリーという感じでしょうか。

LINK

そんな彼の代表作といえば、やはりこの『ストレンジャー』になるでしょう。

モノクロのジャケットには、日本の能面(?)を眺めるスーツ姿のビリー・ジョエルが写ってます。
『誰もが、見知らぬ他人の顔をつけている。そして、永遠に隠された顔を持っている…。』というタイトル曲のイメージに、大都会の孤独感をプラスした見事なジャケとなっております。

ここには、後の、私がハマった「イノセントマン」での軽快でポップなビリーの姿はなく、かなり大人びた、若き日のビリー・ジョエルがいます。
彼の全作品の中で、最も洗練され、統一感があり、最も引き締まったアルバムです。哀愁度もこれが一番ではないでしょうか…。

中学の時、部屋のステレオでこのアルバムを流すと、瞬く間に、部屋中がニューヨークの空気感で包まれる気がしたものです。チープな部屋が急におしゃれになるというか、大都会のホテルの一室にいる感じになるというか…。(まぁ、ニューヨークなんて行ったことないですけどね…。)

全編を通して、のびやかなビリーの歌声がとにかく素晴らしい。メロディも素晴らしい。
しっとり癒されます。

アーバンでムーディな夜を過ごしたいあなたー。
部屋の照明を電気スタンドくらいに落として、ぜひこのアルバムを聴いてみてくださいな…。


このアルバムからは「素顔のままで」が世界的大ヒット。グラミー賞最優秀ソングを獲得しました。
日本では哀愁の口笛で始まる「ストレンジャー」が独自に大ヒットしました。
私はといえば組曲風の「イタリアン・レストランで」が一番のお気に入りでした…。



せわしない日々の中で、昔みたいにゆったりと音楽に向かう場面もなくなりました。
久しぶりに部屋にこもって、どっぷりとこのアルバムを聴いてみたいと思っております…。

レンガウォール・ファイナル。

玄関前のレンガウォール、土日で完成させました。
ほぼイメージ通り。
強度も鉄筋入れたので問題ないでしょう。(モルタルついでに、アメリカン・ポストも設置。)

2ヶ月前にケタンがレポートした時の玄関前の画像がこちら☟

金木犀

さ、寂しい…。

でウォール完成時画像がこちら☟

P6030227.jpg

思いつきでネームプレート横の左側のレンガにも穴を開け、壁後ろに植わっているマホニア・コンフューサの枝をその穴からくぐらせてみました。
夏に向けて茂ってきたら面白い感じになるのでは…。

ウォール周りには、日向、日陰を考えて、様々な下草やカラー・リーフ、低木を植えてあります。
その種類は、「雑木風」の庭づくりで使われることの多いものをチョイスしました。
斑入りギボウシ、クリスマス・ローズ、シモツケゴールドフレーム、イカリソウ、ティアレア、ツワブキ、ヒューケラ、草ソテツなどなど…。
なかでも元気が良いのが、1ヶ月に植えた、葉色が大変きれいな『ホサキナナカマド』と樹形の美しい『しだれエゴ』の木。
ウォールの奥でミニ・ジャングル化してます。

ヘデラもレンガ下に植えました。これから元気に壁をよじ上ってくれるハズです。

レンガウォール前にも様々な宿根草、多年草を植えました。
ホームセンターで廃棄寸前のを助け出し、育てていたものが多いです。
ひどいのは葉っぱを褐斑病にやられてて、ほとんどの葉茎を切除したものも…。
屋内でしばらく育て、新芽も出て、なんとか蘇生いたしました。
奥の黄色い花のやつなんかは、絵描き虫を一匹、一匹つまようじでつぶしました…。

画像では見にくいですが、ポスト裏のマホニアもまた、庭木屋の裏で人知れず枯れてころがってたのを、(むろん値段などなく…。)タダ同然で買って来たものです。彼は地植えしたとたんに驚くほど元気になりました。

メインのキンモクセイも、一時は急速に葉が縮れ、虫食いもひどくなり、大ピンチでしたが、原因であったワタムシを駆除してからはすくすくと育っております。

やっぱり手間がかかったやつは特に愛着がわきますなぁ。
みんなこれから元気に育ってほしいものです。


ちょこっと☆いちご

ochigo.jpg

ついに、実りました!いちごさんが!!!こだわりさん、ありがとうございます!!!
大事な粒を、写真におさめて…
ochigo2.jpg
後はわけっこして、二人で食しました。
昔、よく近所のおばちゃんが畑で出来たふぞろいなイチゴを、もらいました。
そんな懐かしい、イチゴの味がしました。

Extra

プロフィール

☆けたんなたん☆

Author:☆けたんなたん☆
チョコハウス★へようこそ
「ナタンさん」と「ケタンさん」の二人が
ちょっこづつ“素敵”なことを重ねてます。。。
素敵な人生になりますように…☆☆☆

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。