Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その1

まだまだ、完成には程遠い、ナタンの鉄道模型。
本日は、その一部をご紹介!!

鉄1

駅に続く道。
踏切前の女学生がワンポイントです。実は、後ろのオート三輪の後ろに、こっそり彼女を見つめる番長の姿が・・・。青春ですなぁ。
手前のセミ採りの少年は収穫がなかったようで・・・。配達帰りの酒屋のサブちゃんが彼を励ましています。

只今、踏切、車のライト、バイクのライトを電飾化中。ちなみに人形の大きさは9ミリ!!です。
後ろのほうに見える時計台のある建物は本屋さんで、内部もかなり作り込んであります。(たくさんの本棚、お客さん、レジなど・・・)
その隣のカメラ屋さんも然り。(2階では、御婦人が肖像写真を撮影中。)いずれ披露します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鉄2

タバコ屋です。店の内部をかなり作り込んでます。(お客さんがビール片手に白黒テレビを見てます。)この店も電気がつきます。(LEDです。)
手前では懐かしい縁台将棋。足元にはブタの蚊取り線香。
冷えたスイカをおかみさんが運んでます。

二階では、この家の娘さんがたそがれてます。誰かを想っているのでしょうか・・・。風鈴が涼しげに風にそよいでいます。
町中のポスターでも分かる通り、今日は面影町の花火大会。勉強机の上にはエルビス・プレスリーのレコードが見えます。

実はこの鉄道模型、昭和38年8月7日のどこかの町という設定です。(これは模型の魚屋の壁にある日めくりカレンダーで確認出来ます。)

模型の映画館で上映中の映画や(『日本一の色男』と『駅前茶釜』の二本立て。←これ、当時の資料を調べました。ちなみにタバコ屋の角にある映画館(洋画座)の案内看板は『大脱走』。←これも調べました。)その他の小道具、道路
標識なども当時のものを再現してます。(当時の消火栓の標識は現在の赤色ではなくて、白色ですね。)


模型ごときにちょっとこだわり過ぎですかねぇ?。








スポンサーサイト

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その2

で、前回話の出た映画館の裏手。

鉄3


だ、だめですよ!!・・・そんな所でチュッチュッしては。 ゴミ出しに出てきたスバル座のボーイがびっくりしてます。斜めまえには交番もあるんですよ!!。



鉄4

そして駅前。若い娘さん達が地図見てますね。
友達同士で花火大会にきたようです。
おでん屋の主人は一服中。後ろの駐車禁止の標識は当時の四角いタイプのものになってます。
右手の長屋方向からは荷物を抱えた男が走ってやってきてます。塀の上の猫もびっくりしています。果たして間に合うのでしょうか。
よくよく見れば、駅前に腕時計をみる男がいますね。恐らく待ち合わせ相手でしょう。
電話ボックスは当時のタイプですね…。

そしてその横、ひまわりの茂みの向こうに・・・石段に腰掛けて物思いにふけるのは・・・そう、昭和の名探偵、袴姿でおなじみの金田一耕助さんです!
時代的にみて、小説『仮面舞踏会』の頃でしょうか。


遠く映画館の屋上では男が一服しています。(このタバコはくわえさせるのに一苦労でした。タバコが0.5ミリくらいですもん…。)
ここからひとり、寂しく花火をみるのでしょうか。
ん〜かなり哀愁が漂ってます。 ひとつズームアップしてみましょう。↓


鉄5

マリリンモンローの立て看板にデスクチェアと吸い殻入れ。
どうやら映画館の屋上は、彼の秘密のお気に入り場所のようですね。

下に見える次回公開作品紹介は『マタンゴ』と『ハワイの若大将』の二本立てになってます。
その案内によると8月11日からの公開のようです。(←当時の資料調べました。)
当時の映画ポスターを縮小コピーしたものです。(こうした資料集めも楽しいものです。)

とりあえず今回はこんなとこで。

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その3

 鉄道模型(Nゲージ)のサイズがどれくらいかと言うと…
 タバコ屋部分と鉛筆の比較でみてもらうとこんな感じ。
  ↓

鉄6


このような米粒に絵をかくような作業が出来るのも、あと数年でしょうか。(とにかく目にくるんです…。)


で、このタバコ屋に電気を灯した画像がこちら。↓
中には2人のお客さんがいて、一人はビール片手にテレビ鑑賞、もう一人は新聞読んでます。
扇風機も見えますね。

凝り性なんで、店内の醤油の瓶から店内のポスター、白黒テレビ…
2階も鏡台や壁にかけてある浴衣、ちゃぶ台、畳やふすま、座布団までリアルに作り込んであります。

鉄7

 

で、今手がけている屋台エリアの電飾画像がこちら。↓
2階でたそがれてるタバコ屋の娘さんの視線先が、ちょうどこのエリアになっております。

鉄8


それではまた。

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その4

今日は駅前の魚屋をのぞいてみます。

最近この町に引っ越して来た若奥さんが、晩御飯用の魚を買いに来てるようです。

美人妻 「ねぇ、このスズキまけてくれないかしら。」
魚屋主人 「へ、へぇ…(ドキドキ。)ど、どうぞ、お、お好きな値だんで持ってって下さい。(デレデレ。)」

鉄9


 
だめですぜ〜。ご主人、色気に負けては。

あっ!、ご主人、うしろ、うしろ〜〜!!(ドリフのコント風に)
 

そう、店の裏手から魚屋の奥さん登場です。

夏場に凛とした和服姿が気の強さを感じさせます。

この後、修羅場にならなければよいのですが…。

鉄10


で、その魚屋の電飾の点灯実験。↓

鉄11

ここだけ見れば、映画のワン・シーンみたいで素敵なのですが…。(修羅場が待ってますから。)

以前に話のでた魚屋店内の日めくりカレンダーは7日になってます。

そう、この模型は昭和38年8月7日のとある町の物語ー。

町は一年に一度の花火大会でにぎわっております…。







しかし、いつになったら主役の電車が登場するんでしょうか。

次回は、平屋に住む家族をご紹介しましょう。

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その5

久々の鉄道模型、更新です。
すっかり忘れてました。
前回での予告通り「平屋の家族」です。

鉄15

この2軒の平屋は、模型全体で言うとレイアウトの左側前、銭湯の横にあります。
今ではこのような味のある平屋はめったに出会えませんね。
左側の平屋では、お父さんが縁側で娘さんを膝にだっこしながら、息子のボール遊びにつき合ってます。
玄関前の通りを銭湯帰りのランニングシャツのおじさんが歩いてます。
いい時代です。
隣の平屋になにか荷物が届いたようです。
おや、留守でしょうか?

さて、以前と同様に鉛筆でその大きさを比較してみましょう。こんな感じ↓

鉄12

左側の平屋をズーム・アップしてみます。

鉄14

あらら…。お父さんの後ろ、畳の上でお母さんが高イビキをかいてお昼寝中です。
大きなお尻はとてもよそ様には見せられませんねぇ…。

別の角度から。↓

鉄16

ん〜お母さんが見えないと実に爽やかなショットです!!。 

そしてお隣。↓

鉄17

庭のヘチマのつる棚の下で犬がお留守番。
やはりお留守のようです。


相変わらず画像があまり良くありませんが、以前の鉄道模型の画像、画質少し良くなりました。
よろしかったらもう一度どうぞ。


きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その6

こんばんは。
Yahoo!で検索すると、「預言者」と出てくるナタンです。

ここのところ忙しい日が続き、少々疲れ気味です…。

少し前の話ですが、Yahoo!のトップ・ページで模型メーカーの河合商会が倒産が報じられました。
従業員わずか10名の会社の倒産がYahoo!のトップニュースになること自体驚きですが、この会社はその方面ではかなり有名な会社なんです。
私も、風景のプラモデルに本物の芝の種をまいて育てる「箱庭」シリーズや鉄道模型でお世話になりました。
現在作業途中の鉄道模型にも河合製品が結構使われております…。


…ということで、今回は久々に鉄道模型編。
作業が中断しているので、以前遊びで撮った風景ショットを集めてみました。(携帯画像なので画質悪し。)

まずは、昭和通り商店街西側入り口、郵便局前。
CA3C0022.jpg

集金カバンを抱えたアロハシャツの男が入り口で通りの様子をうかがってます…。かなり怪しい…。
その前をおつかい帰りの姉妹が歩いていきます。

「おねえちゃん、見てみて。黄色いボールだよ。」
「わかってるわよ!。早く来なさい!!。」

どうやら、買ってもらった屋台の水風船がお気に入りのよう。そうそう、今日は祭りでした。

パン屋さんの前では主婦がパン選びです。

各お店の詳細、紹介はまた後日ー。


続きましてその郵便局の裏手。
CA3C0024.jpg

火の見やぐらの下、雑草生い茂る小道を肥えだめ汲みの人夫が桶をかついで歩いてます。
この当時はまだ水洗便所は少なく、ほとんどがドッポン便所でしたね…。
ガンバレ!名もなき人夫さん!

そこから線路をはさんで反対側がこちら。
CA3C00230001.jpg

ハスの花咲く沼では、麦わら帽子の男が釣りに夢中。(電車が通るので危ないんですが…)
その背後に肥えだめ男が見えますね。
彼を見習って下さい。働かざるもの食うべからずですよ!!

右端にはお地蔵さんがあるのですが、画像切れちゃってます…。
ハスの葉の表現や朽ち果てたホーロー看板の表現、線路脇の小さな黄色い花、沼に浸かる錆びたドラム缶など、ナタンの細かい仕事ぶりにも注目です。
沼の水面の表現は、木工用ボンドを流し込むおなじみのテクニックですね。

続いては銭湯前。
CA3C0280.jpg

チャリンコ軍団が爆走中。祭りなのでテンション上がってるんでしょう。
銭湯の壁には今日の花火祭りの告知ポスターや、劇場の宣伝ポスターが貼ってあります。
(ポスターも当時風に再現!。)
赤ん坊をあやしながら奥さんを待つ男性が時代を感じさせます。(『神田川』の世界ですね…。)

ゴミ箱も当時はこの木製でした。ここは竹ボウキとセットで。
壁の汚し具合や石畳の質感にナタンの塗装テクニックが光ります。
この銭湯は屋根が取り外し出来るようになっているので、いずれは内部も作り込みたいと思っております。(もちろん壁絵は富士山ですね!!。腰に手をあてて瓶牛乳を飲み干すパンツ一丁のおじさんも…。)

とりあえず今回はこのへんまでにしましょう…。

きまぐれナタン 昭和の鉄道模型。その7

2夜連続の鉄道模型です。

前回に引き続き、以前に遊びで撮った携帯画像集から。

まずは八百屋さん裏にある小さな畑。

CA3C02799.jpg

八百屋の玄関先にあるのは、当時のローラーでしぼるタイプの洗濯機です。
前部に回転ハンドルがついているのが見えますね…。東芝製でしょうか…。
その横、便所の臭気抜きの煙突も忠実に再現しております。

畑の方は左からトマト、なすび、そしてスイカが元気よく育っております。おばあさんが収穫中です。
スイカはかなりの大玉ですね。
画像では見づらいですが、キチンと縞模様も入ってます。
トマトは真っ赤に熟れて今が食べ頃。
畑入り口には「畑に入るべからず」の立て看板も立っております。

バス車庫のさびたトタン屋根の表現、からみつく夏ヅタ、打ち捨てられた廃タイヤなどの細かな表現にも注目です。
線路脇の土手では、おじいさんと孫娘が仲良くひなたぼっこ中。
じつはこの手前に崖が作ってあって、その崖上に野犬がいるんですが、それを見て何か話しをしているような感じになっております…。



続いて、駅横にあるタクシー会社。

CA3C00310001.jpg

事務所入り口では何やら若いカップルがもめています。

「わたし、行きたくない。」
「おい、今さら何言ってるんだよ!」
「絶対にイヤ!。」

…といった感じでしょうか。
女の人は、頭に当時流行の「マチコまき」をしてます。
自慢のタクシーを洗車中の運転手さんもホース片手に心配そう。
その前を涼し気に自転車でやって来たおばさんとのギャップがなんとも言えません…。

ここでも、事務所前の木製ベンチや灰皿にタクシー運転手募集の看板、店看板の汚し具合、自転車置き場のトタン屋根のうえに置かれたタイヤの重しなど、こだわりのナタン技に注目です。
消火栓の標識は当時の白地に赤い文字のタイプを忠実に再現しております…。



最後は散髪屋前。
CA3C00200001.jpg

店の入り口では、店の娘と愛猫が両親の仕事終わりを待ってます。
お店の前の通りには祭りの屋台が並んでいます。
ちょうどお店の前をチンドン屋が歩いており、最後尾のピエロが子供達を相手にふざけています。
おっと、風船が一個、木にひっかかってますね…。

画面右側にはわたあめを手に持った少年が…。
よほど嬉しかったのか、雄叫びをあげ、猛ダッシュです。

線路の向こう側に、例の日傘をさした魚屋の奥さんが見えてますね…。

と今日はここまでー。




Extra

プロフィール

☆けたんなたん☆

Author:☆けたんなたん☆
チョコハウス★へようこそ
「ナタンさん」と「ケタンさん」の二人が
ちょっこづつ“素敵”なことを重ねてます。。。
素敵な人生になりますように…☆☆☆

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。